在宅酸素療法は、自宅もしくは入居施設内に酸素供給機を設置し、必要に応じて、あるいは24時間酸素吸入を行うものです。患者さんに装着されている状態での酸素ボンベの取り扱いは医療行為にあたるとみなされるため、施設で処置を行なう場合は、看護師や医師による医療介護が必要です。