人工呼吸器などが設置されていて、口から直接食事をとることができない方や、食べものを飲み込む力が衰えて、ものを食べるとのどに詰まらせたり(摂食嚥下障害)むせ込んだりする方が、胃に直接栄養を送り込む方法のことを胃ろうといいます。胃ろうに関する行為はすべて医療行為にあたるため、専門の看護師や医師がいる施設に入居する必要があります。