人工透析には機械(血液透析機)を使う方法と、患者自身の腹膜を利用する腹膜透析の2種類の方法がありますが、透析機による人工透析は専門の病院でしか行なうことができません。施設に入居しながら透析を受ける場合は、週3回の通院介助が必要となりますが、入居できる施設は多くあります。また、腹膜透析の場合は患者自身で行なうことも可能ですが、感染症などのリスクを考慮する必要があります。