口からの栄養摂取が難しい場合、鼻から消化管に直接チューブを挿入して、そこから流動食を投与する方法を鼻腔経管、あるいは経管栄養と呼びますが、これは医療行為にあたります。また、長期間続けると副鼻腔炎を引き起こしたり、チューブを入れ替えるときに誤嚥(ごえん)などのリスクがあるため、受け入れ可能な施設は限定されます。