気管切開とは、たんなどの分泌物がのどにつまり、窒息など危険な状態になることが予想される場合、あるいは呼吸不全などの症状がある場合に、手術をしてのどに穴を開け、直接気管にカニューレと呼ばれるチューブを挿入して気道を確保する治療方法ですが、気管切開に関する行為はすべて医療行為にあたります。また、容態が急変することもあり、通常以上の医療介護が必要となりますので、受け入れ可能な施設は多くの場合限定されます。