結核は、かつては不治の病と言われていましたが、現在では、抗結核薬などを使った治療法が確立されているので、症状が完治し、感染の危険がなければ施設への入居に問題はありません。