全国のサービス付き高齢者向け住宅を探せる1,346件の施設から信頼できる施設を探せます!

介護エージェントでは大切なご家族にぴったりの有料老人ホームが見つかるようにサポートいたします!
また、サイトから資料請求や、電話でのご相談も可能です。

都道府県で絞る

人気エリアからサービス付き高齢者向け住宅を探す

政冷指定都市などの主要なエリアには魅力的な老人ホーム・介護施設がたくさん!
入居一時金の有無や月額利用料の高い・安いをはじめ、特徴による選択肢も幅広いため、きっと理想の施設がみつかるはずです。

サービス付き高齢者向け住宅のご案内

「老人ホームへの入居はまだ早い」「施設に入るのはなんとなく抵抗がある」と考えている高齢者におすすめなのが、サービス付き高齢者向け住宅です。「サ高住」とも呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅は、「住宅」という名のとおり、従来の賃貸住宅などと同様に暮らせる高齢者向けの新しい住まいの形です。

■ 入居対象者

60歳以上の、おもに自分自身で生活を送れる方が入居対象となっています。老人ホームとは異なり「住宅」であるため、自分自身で毎日の暮らしを維持できる方や、簡単な見守りや手助けがあれば、問題なく生活できる方が対象です。

■ 設備やサービス

一般的な賃貸住宅と同様に、トイレや洗面台、風呂、キッチンなどが個室内に備わっています。多くのサービス付き高齢者向け住宅では、そのほかの共同スペースとして、食事ができるレストランやカフェ、リビングなどがあります。居室は原則25平方メートル以上となっており、個室もしくは夫婦で住める2人部屋が多く、老人ホームに比べてゆったりとしたスペースが確保されています。

また、施設内はバリアフリーとなっていて、安否確認や生活相談サービスが受けられますが、介護サービスや食事の提供、清掃といった生活サービスなどについては、別途契約となる場合がほとんどです。そのため、要介護度が上がってしまった場合には、住み続けることが難しくなります。

■ 入居に際して

サービス付き高齢者向け住宅は、基本的に一般的な賃貸住宅と同じですから、門限や訪問者の制限、入浴時間の制限などはありません。プライバシーを重視した、普段どおりの生活を送ることができます。

入居時には、賃貸住宅と同様に敷金や礼金が必要となりますが、一般的な老人ホームに必要な入居一時金は不要です。月々に必要となる費用は、月額賃料と光熱費、共益費などとなっています。これらに加えて、生活支援サービスや介護、食事など、利用サービスに応じた費用が加算されるのが一般的です。

■ メリットとデメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは、プライバシーを守ってこれまでどおりの生活を送れるということと、見守りサービスやバリアフリーといった、高齢者向けのサービスをバランス良く取り入れた暮らしができることにあります。また、提供してもらうサービスを抑えることで、老人ホームに比べて安価で入居することができます。

しかし、その特徴から、せっかく引っ越して暮らし始めても、要介護となってしまった場合には介護設備の整った施設に移動しなければならない場合もあります。サービス付き高齢者向け住宅は、原則として健康な高齢者向けの住まいだといえます。

このページの上部へ戻る