全国の住宅型有料老人ホームを探せる940件の施設から信頼できる施設を探せます!

介護エージェントでは大切なご家族にぴったりの有料老人ホームが見つかるようにサポートいたします!
また、サイトから資料請求や、電話でのご相談も可能です。

都道府県で絞る

人気エリアから住宅型有料老人ホームを探す

政冷指定都市などの主要なエリアには魅力的な老人ホーム・介護施設がたくさん!
入居一時金の有無や月額利用料の高い・安いをはじめ、特徴による選択肢も幅広いため、きっと理想の施設がみつかるはずです。

住宅型有料老人ホームのご案内

住宅型有料老人ホームは、食事や掃除、洗濯といった生活サービスを受けられる高齢者向け施設です。施設内に介護スタッフは常駐していないため、介護や医療は外部のサービスを利用することになります。入居者は自分に合ったサービスを選ぶことができるのが魅力です。

■ 入居対象者

住宅型有料老人ホームは、60歳以上で要支援、要介護の方が入居できる施設です。要介護認定を受けていない(自立)の方も入居できます。受け入れ可能な要介護度については、施設によって異なります。将来、要介護度が上がってしまったときのことも考えた上で選ぶと良いでしょう。

■ 設備やサービス

住宅型有料老人ホームでは、食事の提供や健康管理といった、生活を送る上での支援サービスを受けることができます。部屋は個室や夫婦部屋などがあり、個室内にキッチンや浴室が設置されている施設もありますので、身体状況やライフスタイルに合わせて選択が可能です。トイレやキッチンなどが各個室に設置されているかどうかといった設備面も、施設によって異なります。住宅型有料老人ホームに入居後、介護が必要になった場合は、自宅にいるときと同様に訪問介護サービスなどを利用することになります。

■ 入居に際して

住宅型有料老人ホームは、外部の各種介護サービスを受けることになるため、要介護度が高い方の場合、月々の負担が非常に大きくなってしまう可能性があります。一方で、現在介護がそれほど必要ではない方にとっては、介護付有料老人ホームよりも費用が抑えられる場合もあります。将来的に介護が必要になった場合には、同じ施設に住み続けながら外部の介護サービスを利用できるため、安心して暮らすことができます。ただし、特殊な医療ケアなどには対応できない場合もありますので、施設を選ぶときには注意しましょう。

■ メリットとデメリット

住宅型有料老人ホームには、現在介護の必要性がなく、自立して生活できる方でも入居がしやすいというメリットがあります。介護や看護が必要な方に対しても、訪問介護や訪問看護による対応が可能です。介護付有料老人ホームに入るほど要介護度が高くなく、その分費用を抑えて入居したい方にもおすすめです。

その反面、要介護度が上がってしまうと対応できなくなる場合があります。将来、介護や看護が必要となった場合にどのような対応を取ってもらえるのか、入居前に確認しておくと安心です。

自立して生活を送れる方にとっては、充実した毎日を過ごせる施設かどうか、見学や体験入居で様子を見ておくと良いでしょう。

このページの上部へ戻る