全国の介護付有料老人ホームを探せる1,974件の施設から信頼できる施設を探せます!

介護エージェントでは大切なご家族にぴったりの有料老人ホームが見つかるようにサポートいたします!
また、サイトから資料請求や、電話でのご相談も可能です。

都道府県で絞る

人気エリアから介護付有料老人ホームを探す

政冷指定都市などの主要なエリアには魅力的な老人ホーム・介護施設がたくさん!
入居一時金の有無や月額利用料の高い・安いをはじめ、特徴による選択肢も幅広いため、きっと理想の施設がみつかるはずです。

介護付有料老人ホームのご案内

介護付有料老人ホームは、「特定施設入居者生活介護」として指定を受けた施設です。食事や清掃、介護、リハビリなどのサービス

■ 入居対象者

介護付有料老人ホームは、原則として65歳以上で要介護や要支援の方を含む幅広い方の受け入れを行っていますが、医療面についてどこまで対応できるかは施設によって異なります。また、要介護1以上の方だけを受け入れる介護専用型の施設と、自立した生活を送れる方も受け入れ可能な混合型の施設があります。

ケアスタッフの体制についても、看護師の有無、ケアスタッフの人数、夜間のスタッフ数などは施設によって異なります。手厚いサービスを希望する場合は、スタッフの体制について事前に確認しておくと良いでしょう。

■ 設備やサービス

要介護や要支援の方も受け入れを行うため、車椅子のまま入浴できる機械浴や、手すり、バリアフリー設備が整っています。個室内にトイレなどが設置されている施設がほとんどで、プライバシーを大切にして共同生活を送りたい方におすすめです。

また、介護付き有料老人ホームでは、さまざまなレクリエーションが行われます。体操や歌など、認知症予防や要介護度の進行予防にも役立つプログラムのほか、音楽鑑賞や散歩、季節の行事など、毎日の暮らしを豊かにするレクリエーションが実施されているため、充実した生活を送れます。

■ 入居に際して

介護付有料老人ホームに入居する際は、事前に見学や体験入居をすることができます。体験入居サービスは、多くの施設で取り入れているサービスで、入居前に1泊~1週間程度、実際にその施設で暮らすことができるというものです。実際のレクリエーションや食事、夜間の介護体制、いっしょに暮らすことになるほかの入居者の様子などを知ることができる良い機会です。体験入居には、事前に健康診断書提出が必要となることもあるため、希望する場合は早めに申込み方法を確認しておきましょう。

入居時の契約で必要な費用には、入居一時金のほか、施設によっては先払い分の月額費用がかかることがあります。入居一時金の具体的な金額は、施設や入居時の年齢、要介護度、部屋の広さなどによって異なりますが、中には数百万~数千万円となる施設もあります。月額費用と合わせて、無理のない範囲に収まる施設を探しましょう。

■ メリットとデメリット

介護付有料老人ホームは、要介護や要支援者であっても受け入れが可能であるため、将来、要介護度が進んでも住み続けることができます。施設数が多く、体調に不安がある場合は24時間看護の施設を選ぶことができるなど、サービス内容や予算といった希望にマッチした老人ホームを探しやすいというメリットもあります。一方で、入居一時金や月額費用が高額になる場合もあるため、資金難に陥らないよう、事前の確認が必須です。

このページの上部へ戻る